MENU
沸き立つ想いを爆発させよ! ~推し活エンジョイのススメ~
  • 特集

2021.12.28

沸き立つ想いを爆発させよ! ~推し活エンジョイのススメ~

しのなつが行く!『推しへの愛を語れ! ~池袋サンシャイン周辺飲食スポット編~』 第1弾!

初めまして。

「全人類みなオタクである。」という信念を持つ、ナムコパークス取材班「しのなつ」です!
もちろんこの私も、某国民的アニメをこよなく愛して25年という、正真正銘・生粋のオタクでございます。

「えーそんなガチオタの人と一緒にされたくなーい」なんていう、心の声も聞こえてきそうではありますが。
子どものころに夢中になっていたアニメや、好きなアイドルの話で盛り上がった!など、多かれ少なかれ思い当たることがあるんじゃないかなと思うわけです。

そういう気持ちを現在進行形で持ち続けている「○○愛好家」の進化系が、いわゆるオタク。
「大人になっても何かを熱狂的に好きな人に、悪人はいない!」というのが、私の持論です。

このコンテンツでは、私を含めそんな愛すべきオタクが、より推し活ライフをエンジョイできるような情報を発信していきたいと思っています!

「あなたの推し活、充実していますか?」

まずは、この記事を読んでくださっているみなさんに、1つの質問を。

「あなたの推し活、充実していますか?」

NoもしくはYesって心から言えないなーと心にモヤモヤを抱えているあなた。
もしもっと充実させる方法があるんだったら知りたいぜ!という、推し活に貪欲なあなたに、ぴったりな情報がありますよ♪

とまあ、結構なハードルをぶち上げたところで、本題に入りましょう。

私が思うに、推し活をする上で壁になってくるのは

  1. 同じ推しメン・キャラクターへの想いを持つ同志がいないこと
  2. 同志はいるけれど、それを語り合える場所が少ないこと

という、大きく分けて2つのポイントかなと思います。

私自身も、これには本当に本当に!!!頭を悩まされてきました。
アニメ・アイドル問わず、1つの作品やグループに大人数出演や所属するのが当たり前の昨今。
色々と悩み・迷った末に「私は○○くん推し!」と心に決めたとしても、同じ熱量で推しを愛する同志になかなか出会えない問題が、現実として立ちはだかるわけです。

そんな幾多の困難を抱えて同志と巡り会えたとしても、次の問題が。
「さて、どこで愛を語ろう…?」
そう!沸き立つ想いを爆発させても良い場所がない問題!立ち話でサクッと話せるほど薄っぺらい愛ではないし、一般的なお店だと自分を含め声の音量メーターがバグって、周りから白い目で見られがち。
いやー分かります!私もオタクですもの!!

一般的なカフェで、静かに語れば平気じゃない?って、きっとオタクじゃない人は思うでしょう。
さっきも書いた通り、推しへの愛を語ろうとすると、声量メーターなんて簡単にバグります。
これは間違いない。それは、クーラー・電子レンジ・炊飯器・テレビを点けたら即落ちする、ブレーカーのごとく。語りたいこといっぱいあるんですよ、情報と愛情過多がデフォなのです。

そんな声量バグなんて気にしなーいと思えるオタクは少数派。
オタクってね、実はとっても繊細。自分の推しを悪く言われるとへこむ、推しが同じだと期待値が高まっていたのに、話したら好きポイントが違ったりすると、簡単に心を閉ざしてしまうのです。

この問題の中でも、今回は「2.仲間はいるけれど、それを語り合える場所が少ないこと」を解決するべく、しのなつが体験レポしていきますよ!

いざ、パセラ池袋本店へ!!

今回訪れたのは、こちら!

「パセラ池袋本店」。

パセラって、ハニトーが有名なカラオケ店?
そんなキラキラ属性の女子&男子が集う場所で、推し活なんて出来るワケない…なんて考えがよぎりませんでした?

はい、正直に言います。ぶっちゃけ私も、最初は思いました。
前述した通り、オタクってとっても繊細だから、そういう白い目で見られそうな場面とか、キラキラ星人が苦手な人多いのですよ。

だけど、ご安心あれ!
そんなオタクにこそ!利用したくなる秘密が、これからドドーンと出てきます。

大きなポイントなのが、オタクが推しへの愛を思う存分語れる、推し専用サービス「推し会パック」なるものがあること。しかも、推し活を充実する特典がついているのです。

まずは、この部屋。

カラオケルームにしてはムーディーすぎやしないかい?という雰囲気ですが、それもそのはず。部屋の上下にLEDライトが設置されているので、スイッチで推しカラーに変更できるんです。

しかも!上下で色を変えられるので、一緒に来た友人と推しイメージカラーが違っても、部屋をどの色にするか“血みどろの戦い”が起こらずに済む。良かった。これで世界の平和が保たれます。まあ、なんて粋な計らい。

このように大画面モニターもあるので、好きなDVDを映してライブ鑑賞会をしたり、スマホに保存している動画や写真も投影したりもできます。
推しとのツーショット写真を撮るなんてことも出来るんですよ!!時代は、ここまで進化していたのかと驚きです。

それ以外にも、パセラの本気を感じる備品の数々。

これは「尊いボタン」&「尊いボタンEX」。

尊いボタンは、スイッチを押すと自分の声が流れるという優れもの。自分たちの声じゃなくても、推しの決め台詞とか入れてもいいんですって。すごくないですか!?

そして、組数限定でレンタルできるのが「尊いボタンEX」。

ボタンごとに「しんどい~」とか「尊い!」って声が出るので、沸き立つ気持ちと共に連打しまくれます。何の台詞が入っているかボタンに書いてあるので、合いの手感覚で気軽に押せるのが良いですよね。仲間同志で「え!?そこが刺さるポイントなの!?」なんていう発見があったら、更に場が盛り上がること間違いなし!

あとは、推し活に欠かせない「ペンライト」も無料で2本レンタルできます。

もちろん色もスイッチ一つで変えられるので、さながらライブ会場のように楽しめるのがいいですね!これを持ちながら、コール&レスポンスとかしたら絶対楽しいー。

そして、忘れちゃいけないのが、推し活パックの飲食メニュー。
全11色から選べる、カラードリンクとカラーハニトーがついています。

カラードリンクは、推しのカラーに合わせられるのはもちろん、このドリンクには推しの名前を付けられるという、これまた粋な計らいをしてくれているのですよ。
試しに私の推しキャラの名前を入れてみましたが、ちょっと恥ずかしいので(?)モザイク入れときます(笑)
推し色のドリンクを、推しの名前入りのグラスで飲むなんて、まるで推しを独り占めしている気分…。ああ、なんて背徳感。

カラーハニトーはめっちゃカラフルですし、何よりめっちゃ美味しい!
パセラ名物ハニトーの美味しさはそのままに、見た目もSNS映えするのが嬉しいですよね。
トーストの上に生クリームもたっぷりかかっているので、糖質&脂質のまさに「太る最強コンビのカロリー爆弾」です。
でも大丈夫!推しへの愛を熱く語れば、それでゼロカロリーですから、はい。

そして、そんな熱い時間をめいっぱい最後まで楽しめるようにと、オプションで注文できる「今じゃないプレート」。ホテルなどでよくある「起こさないでください」というプレートに近い感じで使える、優れもの。

DVD鑑賞で盛り上がっているとき、推しのキャラソンを熱唱しているときに「失礼しまーす」って店員さんが入ってこられると、結構気まずいんですよね。店員さんだってお仕事なんだから、仕方ない。仕方ないと分かっているけど、あの気まずさは、どうにかならんかねってなりません?

例えるなら、友達とクラスのカッコいい男子について熱く語っているときに、ガラッと教室のドアが開いて、そのご本人登場…ぐらい気まずい。
これだって、誰も悪くない。そんな場面にタイミング悪く入ってきたイケメン男子も悪くないし、パセラの店員さんだって悪くない。だけど、独特のビミョーな空気になるんですよ。

それを防止してくれるのが、このプレート。外から入ってこられることがないので、安心して(?)推し活に集中できます。
もちろん何か用事があれば、中のインターホンで連絡もできるので、その点はご安心あれ。

充実の「推し活」後押しでした

このような形で、繊細なオタクにとって命とも入れる推し活を、これでもかぁぁ!と後押ししてくれているパセラ池袋本店。

もちろん推し活を一緒に出来る人がいないよーっていう人でも、どっぷりと自分だけの世界に浸って楽しめます。ただただ推しをひたすら愛でるだけでも、それで十分幸せですからね。

パセラはキラキラ属性の男女しか行けないところと敬遠しているなんて、すっごくもったいない。
市民権を得つつあるオタクだって楽しめるカラオケ店に、変貌を遂げていたのです!

この「パセラ池袋本店」は、池袋駅から徒歩3分という最強に好立地。
ナンジャタウンでのコラボイベント参加前に、推し活のウォーミングアップの場としても最適です!
ナンジャタウンからも歩いて15分くらいなので、コラボイベント参加後の熱い想いをそのままに、推しへの愛を語り合う場としても利用できるし、用途は無限大なカラオケ店だとしみじみ感じました。
いや、どっちかなんて言わないで「パセラ池袋本店→ナンジャタウン→パセラ池袋本店」というのも、ありかもしれない!
だって、コラボイベントに行く日は、120%推し活を楽しみたいですものね!!

そして、本当にハニトーめっちゃ美味しかったー!!
どっぷりと推しとの世界に浸れて、食べ物・飲み物も美味しいって、最強すぎるよ!パセラさん!!と声を大にして言いたいです。

これからも、あなたの推し活を充実させる内容を発信していきますので、楽しみにしていてくださいね。

以上、ナムコパークス取材班、しのなつでした。

- 今回取材させていただいたパセラ池袋本店様の詳細はこちら

- 推し活プランについてはこちら

トピックス一覧

先頭へ戻る